VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる 中島淳之介

ISBN:

Published: January 7th 2014

Kindle Edition

261 pages


Description

VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる  by  中島淳之介

VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる by 中島淳之介
January 7th 2014 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, ZIP | 261 pages | ISBN: | 5.37 Mb

クラウド時代にはもはや欠かせない仮想化技術のトップシェアを誇るVMwareのいちばんやさしい入門書。VMware社のエンジニアが,設計・構築・運用まで,現場で考えるべきこと,実践すべきことをコンパクトに凝縮しました。新バージョンであるvSphere 5.5に対応。VMwareのマスターはこの1冊から!(目次)第1章 仮想化とは?1-1 何のために仮想化するのか 仮想化がコスト削減効果を生む システムのライフサイクルを長期化できる 高い可用性が災害対策にもつながる 仮想化がクラウドへの第一歩になる1-2 仮想化で「できない」と思われている7つのこと パフォーマンスが出ない コスト削減ができない 耐障害性が低い アプリケーションのサポートがない 運用が複雑になる トラブル時の切り分けが難しい 調達期間や組織が異なる コラム 仮想マシンの隔離性とは?第2章 グランドデザイン(要件定義) 2-1 仮想化の目的を明確にする 要件定義マトリックスとは 論理分割とは サービスレベルを保証する プロビジョニングを自動化する 運用監視の理想像とは 実現範囲を決めるには2-2 グランドデザインに適用する 製品



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる":


automacher-autogaz.pl

©2013-2015 | DMCA | Contact us